デジタルデータの危うさ

  • 2009.01.25 Sunday
  • 22:33
私たちがこうやってパソコンで書いている文書は、パソコンそのものや電気、OS・・・その他環境的な条件や道具がそろわないと見ることは出来ない。そして書き込んだデータは、長期保存が保証できないことを皆さんはご存じだろうか。

最近のデジタル映画などの長期保存は難しく百年以上使われてきた三五ミリフィルムに匹敵する技術はないのである。
ちなみに私がこうやって書いているブログも、契約先のハードディスクが壊れたらこの世から文書もメッセージも消えてなくなるのである。まぁその前にデーターの二重化などの対策はとってあるでしょうけどね。

ただ私などは、この危うさに気づき、一年ほど前から手書きで起こして改めてブログに書いている状況である。

同様に近頃のアメリカのハリウッド映画スタジオでは、保存用の映画フィルムにデジタル映画を焼き直しているのである。

古文書など数百年前の書物や手紙、絵画などを現代の私たちが見ることができるのは、書いている文章や絵画そのものがアナログだからである。

アナログは決して悪くないし、どちらかと言えば最近の私はアナログ派である。

ワープロが出来て久しく20年ほどになる。

今では携帯メールは手軽というメリットもあるが、葉書などもパソコンで印刷して出す始末で、手書きで出す機会は随分減ってきた。たまに手書きの手紙や葉書を戴くとホッとするのは私だけだろうか。それゆえ手で書く文章を残すことも一考する必要があるのではないか。そこに人間臭さが出てくるように思う。

いずれにしても、この頃は手で文書を書く楽しみに目覚め、万年筆など買ってしまったし、そろそろ書道でも再開してみようかと考えているのだ。
2009012501      2009012502
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 「広島から三上文法を発信して世界平和に寄与する」金谷武洋さん講演に行ってきました
    yoshiwo (08/05)
  • 「広島から三上文法を発信して世界平和に寄与する」金谷武洋さん講演に行ってきました
    さき (08/04)
  • 恒例のjazzコンサートin広島(高田市)
    ヨシヲ (07/02)
  • 恒例のjazzコンサートin広島(高田市)
    ヨシヲ (07/02)
  • 恒例のjazzコンサートin広島(高田市)
    すず (07/02)
  • 恒例のjazzコンサートin広島(高田市)
    はるく (06/24)
  • 「エンデの遺言」-根源からお金を問う-3
    ヨシヲ (06/23)
  • 「エンデの遺言」-根源からお金を問う-3
    はるく (06/18)
  • 「エンデの遺言」-根源からお金を問う-2
    ヨシヲ (06/18)
  • 「エンデの遺言」-根源からお金を問う-2
    はるく (06/10)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM