「収束する」最終章

  • 2007.02.26 Monday
  • 00:05
 さて前回のおさらいです、意識とはその一つに形を成す力と仮説を立てました。それは意識が形を作り出している事からも言えます、たとえばテレビは人間の意識で作られている事実です、このことから自ら形になっている物にも意識があるのでは?という展開になり原子や中性子・電子の引き合う力も弱いながら原始的な意識ではないか。そうすればあらゆる物に「意識」が宿る事になるのではという仮説を展開しました。
(たとえば原子レベルで言うと、鉄とかアルミの性質と言い換えることが出来るかもしれません)

さて本題である生物はなぜ子孫を残すかです。
地球上では物質に重力が働いています、質量があるものは必ず地球の中心へ向かって引っ張られています、この重力から水を高いところから落とす場合に下へ力が働きます、そしてお風呂の水などを流すときに必ず渦が出来ます。つまり引っ張られるものは渦を発生する事に注目してください。
銀河系もそうですね。

 この渦を縦に見ると螺旋(らせん)状になることに気づきます。

 ここで宇宙はどうなのかという話をします、宇宙は気の遠くなるような広範囲に人間の想像も付かないほどのあらゆる物質があるものと思われます。

 その物質(あるいは生命体があるかもしれません)は何らかのエネルギーを持っているはずです、そして様々な星達の何らかのエネルギー(力)が集合体をなし、「意識」が生まれているはずです、いわゆる宇宙全体としての集合体「意識」です。

 そして人間をはじめ地球上、そして全宇宙の森羅万象はその広大な「宇宙意識」に引っ張られていてるのではないか、それが証拠に遺伝子の螺旋構造であり宇宙の揺らぎ1/fのような波ではないのか、あらゆるものがいずれ力の掛かっている方向へ舵を取らざるを得なくなるだろう、ということです。

 つまり子孫を残すとは意識の継承でありそれは宇宙の集合体(意識)へ見えない力により収束している(引っ張られている)のではないか。ということです。(進化とも言えるかもしれません、進化して宇宙の意識と同じレベルになるため)


 ですから善も悪も宇宙のあらゆる事は突き詰めれば、宇宙の集合体(意識)へと向かっている様な気がします。

 仮説にすぎませんがね・・・。
コメント
 中学生の頃、ブルーバックスを読みあさって、アインシュタインの相対性理論に興味を持ちました。光には重さがあって、どのようにしてそれを実証したのかとか、光は1秒間に30万キロ進むがどのようにして測ったのかなどを読んでいる中で、宇宙についてとても関連があることがわかりました。数年に一度、NHKスペシャルや月刊誌ニュートンあたりが、宇宙の構造の最新の情報をまとめて知らせてくれますが、そこには何だか法則があり、サムシンググレートを称される我々の方向を決めているものがあるのでしょう。今、宇宙が膨張していますが、縮小に転じた時、私の頭の中では何が起こるのか想像しても、今までの人生の膨張の歴史の逆なんて考えられないですね。また、胡桃(くるみ)を食べる時にいつも思うのですが、人の脳みそと似ているなと。地球の歴史を考えると40億年くらい遡った時、動物と植物に分かれた時があり、あるものは植物に、あるものは動物に進化していき、胡桃は違った進化をした我々の脳みそかな!?と思ってします。バラの花も違った進化をした我々自身ではないかと思う。宇宙の歴史からすれば、我々人類の歴史なんて「瞬間」ですけどね。
難しいことはわかりませんが、自分の意識、

感覚をもっと研ぎ澄まそうということを

強く思いました。

大きな宇宙のなかで、生かされている自分は

小さい小さいかけらのようなものだけど、

宇宙のなかの一部であって、その流れの中で

生きているんですね。
うるとらはるくさんコメントありがとうございます

僕もNHKスペシャルはよく見ますし宇宙の話はとても興味があります。
大学時代は清里高原や蓼科高原で良く星の観測をしていました。

ニュートンも時々本屋で立ち読みします。最近は宇宙理論も小柴さんに代表されるようにニュートリノ理論が中心ですね。

ミッシング・マターという質量の話になり私たち素人には近寄りがたい話になっています。

とにかく夏の夜空の天の川や冬のオリオンはとてもきれいです、それで心が癒されます。

>宇宙の歴史からすれば、我々人類の歴史なんて「瞬間」ですけどね。

そうですねですから小さいことにくよくよせずに、でも精一杯生きる事が大事なんでしょうね。

またお会いしましょう。
  • ヨシヲ
  • 2007/02/28 11:13 PM
さきさんへ
コメントありがとうございます。

>難しいことはわかりませんが、自分の意識、

>感覚をもっと研ぎ澄まそうということを

強く思いました。

>大きな宇宙のなかで、生かされている自分は

>小さい小さいかけらのようなものだけど、

>宇宙のなかの一部であって、その流れの中で

>生きているんですね

僕もそう思います

人間は色々なストレスのなかで生きています。
そのストレスを取ると感覚が研ぎ澄まされます。(色々議論がありますがストレスはゼロが一番です)

それは瞑想・座禅・森林浴etcなどの方法で取ることが出来ます。

僕はもう15年ほどTM瞑想をしています。
(特別なことはせずに普通の瞑想で十分です)

ストレスが取れると、とても頭がクリアーになりますよ。

するといつの間にか、生かされていることに気づきます。
  • ヨシヲ
  • 2007/02/28 11:27 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 「広島から三上文法を発信して世界平和に寄与する」金谷武洋さん講演に行ってきました
    yoshiwo (08/05)
  • 「広島から三上文法を発信して世界平和に寄与する」金谷武洋さん講演に行ってきました
    さき (08/04)
  • 恒例のjazzコンサートin広島(高田市)
    ヨシヲ (07/02)
  • 恒例のjazzコンサートin広島(高田市)
    ヨシヲ (07/02)
  • 恒例のjazzコンサートin広島(高田市)
    すず (07/02)
  • 恒例のjazzコンサートin広島(高田市)
    はるく (06/24)
  • 「エンデの遺言」-根源からお金を問う-3
    ヨシヲ (06/23)
  • 「エンデの遺言」-根源からお金を問う-3
    はるく (06/18)
  • 「エンデの遺言」-根源からお金を問う-2
    ヨシヲ (06/18)
  • 「エンデの遺言」-根源からお金を問う-2
    はるく (06/10)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM