「収束する」ということ

  • 2007.02.17 Saturday
  • 16:22
 僕にはある確信があります、
一言でいえば、世の中はある一定の方向に収束していくということです。
つまり世界(世の中・宇宙)はある一定の方向に力が働いており。
それに向かって収束しているということです。

以前「主語を抹殺した男」金谷武洋著を紹介しましたが、この本の主人公である三上章氏が書いた本の中に「現代語法新説」というものがあります。この序章でかなり核心に近いことを書かれていましたので紹介します。
この文章は解る人には解るすごい文章です!
三上章著「現代語法新説」5ページより

 「言葉を使うことを言葉使いという。使われるものが「言葉」である。といっても、使うはたらきを離れて別に言葉という実態があるわけではない、言葉使いは記号(音声、文字、・・・)を貫いて行われる。その記号の体型を言葉に見なすことが出来る。言葉使いと言葉の関係は次の公式で表されるであろう。
1/2+1/4+1/8+・・・=1
これは収束する(converge)すべての精神活動に当てはまる公式である。
たとえば芸術において、左辺は活動を、右辺は作品を表す。」
以上本文より


この考え方は三上氏がすべての根底に収束があることを実感していたため冒頭からこの表現を使っているのだと思われます。

 実は僕もこの考え方に諸手を挙げて賛成します。
 
 ここからは少し飛躍した考え方なのですが、
 つまり、世の中が波を打ちながらある一定の方向に収束しているということです。

 大きな事も小さな事もすべて繰り返していくうちに(極めていくうちに)必ずある決まった結論に向かって収束することなのです。
(その課程がいわゆるDNAとして現れています、螺旋は横から見たら波状ですつまり人類創世からの年輪みたいなものですね)

たとえば本物の人物とは

真面目に物事を掘り下げて考えて生きている人
必ず次の事へと収束していきます

ー分とは何者かという問いを見出している
∪犬箸浪燭・死とは何か・人は何のために生まれてきたのか
人はどこから来てどこへゆくのか

↓(向上心)
この問いかけが
1,宇宙物理学
2,サル学
3,昆虫学
4,植物学
5,心理学
6,動物学
etc
への深い興味を生み出しています
そしてこれを極めるほどある力を感じています
(それが収束する力です)


今のところ
◎他利
◎共生
へと収束しそうに見えます。

ここでポイントになる所は´↓の問いかけなのです。
おおざっぱに言うと「人間とは何なのか」ということです。
このことは大変大事なところです。

たとえば経済活動を例にしてみると、この収束への遠回りの方法(ある力への方向と逆、自然の力に反している)が経済活動(拝金主義オンリー)です

<パターン1>
経済活動(拝金主義)→環境破壊・資源の無駄遣い・我利→破滅(一時的に収束)(破滅の場合は人類の創世からまたやり直しです) これは共生・他利的な考えに移行するまでスタートへ戻ります。

正の収束・自然の力に合った経済活動として次のことが例としてあげられます
<パターン2>
経済活動(拝金第一ではない)→環境保全・資源のリサイクル→共生・他利(収束)

遅かれ早かれ経済活動を含めたすべての活動が他利・共生(リサイクル・一人勝ちでない世の中)へと変わるものと思われます。
自然界がそうですし、そのような生き方でなければ人類は生きていけなくなるでしょう。

次のような実例を少し紹介します。
続く・・・

コメント
むずかしいような。
わかるような。

続きを楽しみにしております。
さきさん

コメントありがとうございます。

少し解りにくいとは思いますが

続きはもう少し分かり易く書きます
  • ヨシヲ
  • 2007/02/18 9:23 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 「広島から三上文法を発信して世界平和に寄与する」金谷武洋さん講演に行ってきました
    yoshiwo (08/05)
  • 「広島から三上文法を発信して世界平和に寄与する」金谷武洋さん講演に行ってきました
    さき (08/04)
  • 恒例のjazzコンサートin広島(高田市)
    ヨシヲ (07/02)
  • 恒例のjazzコンサートin広島(高田市)
    ヨシヲ (07/02)
  • 恒例のjazzコンサートin広島(高田市)
    すず (07/02)
  • 恒例のjazzコンサートin広島(高田市)
    はるく (06/24)
  • 「エンデの遺言」-根源からお金を問う-3
    ヨシヲ (06/23)
  • 「エンデの遺言」-根源からお金を問う-3
    はるく (06/18)
  • 「エンデの遺言」-根源からお金を問う-2
    ヨシヲ (06/18)
  • 「エンデの遺言」-根源からお金を問う-2
    はるく (06/10)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM