予測可能な社会が感性を失わせているのでは?

  • 2009.11.23 Monday
  • 11:00
目隠しして食事をしたり、真っ暗な道を歩いたり。「暗闇」を体験する企画が静かな人気だそうだ。

最近は予測不可能なことに出会うと戸惑ってしまう人が多いような気がする。

たとえば天気だ、時代とともに科学が発達してその意外性が失われつつあるのではないか、突然の雨や雷は今でもあるが、夏の夕立であわてて帰る子供たちが少なくなった(もっぱら外で遊ぶ子供の数が減ってしまったこともあるが)、天気を祈る風習も色あせてきている、それは天気予報などの科学技術が複雑な予測を可能にし人間の持つ感性を失わせているからだ。今では地震以外は予測可能であり、温度や天気図など高性能コンピュータでおおよその予測がつくのだ、人間の持つ感性が抜け落ちてきて、雨の音や風の匂いに無関心になったのかも知れない。たとえば虫の生態とか小さな植物の生態とかでもある。もちろん天気予報を否定してるわけではない。

災害をもたらす台風や大雨、大雪による被災の減少は天気予報のおかげである。

目で見る行為は先入観をもたらすつまり予測してしまうと言うことなのだ。
ミカンを見たらミカンの味がすでに脳に焼き込まれている。

目隠しをすることで予測することを無くし、色々な事柄を視覚以外で感じ取ると言うことではないだろうか。

感性が失われつつある現代人、昔は目隠しをして言っていたことがある「心の目で見なさい」現代は目で見るのではなく五感で感じ取るそれは味覚であったり臭覚であったり触角であったりするのだろう。

現代人が忘れかけている事の本質は「心の目で見る」事ではないだろうか。

そして、感性は人間が裸になり自然と対峙することで生まれてくるのではないだろうか。

デジタルデータの危うさ

  • 2009.01.25 Sunday
  • 22:33
私たちがこうやってパソコンで書いている文書は、パソコンそのものや電気、OS・・・その他環境的な条件や道具がそろわないと見ることは出来ない。そして書き込んだデータは、長期保存が保証できないことを皆さんはご存じだろうか。

最近のデジタル映画などの長期保存は難しく百年以上使われてきた三五ミリフィルムに匹敵する技術はないのである。
続きを読む >>

「意識」で「物・形」が生成される

  • 2008.10.12 Sunday
  • 06:35
私たち身の回りの物をよく観察すると
それは意識によって作られていることに気づきます。
本や時計、カメラ、電卓、パソコンetc
すべてが誰かが何かのために、その意識によって作られています。
そしてそれらは1人の意識、また大勢の意識で創造されています。

以前「収束する」と言う話の中で、「意識」は「形をなすもの」(形を作り出してくれるもの)と想定しましたが、これは私にとって確信に近いところです。

物質に意識が宿ると言いますがこれは逆です。
続きを読む >>

成果主義における「成果」とは何だろうか

  • 2008.07.03 Thursday
  • 10:30
「成果」とは何でしょうか?
成果とは、どのような、何に対する成果なのか。

企業の人事評価では「成果」を基準に個人の査定が行われその人物の評価がされる。

これは給与、昇級と言った企業内における金銭報酬と地位がその評価に対する見返りとなる。

例えば営業職でいうなら「成果」とは売り上げであり、利益がメインであり、人格や人柄、その経過であるたゆまぬ努力とかはあまり評価されない。

先日入社して3年目の社員に礼儀や、身だしなみを注意したら、「仕事に対する成果を出せば良いんでしょ、結果を出せば、礼儀や、身だしなみ、たゆまぬ努力は評価されないんだから結果のみでしょ!」といった内容のことをいわれ、絶句してしまった。
続きを読む >>

「宇宙について」

  • 2008.04.15 Tuesday
  • 22:18
 僕は大学時代に「天文研究会」なるサークルに入っていました、
活動は「夜」、週に一度はクラブ活動と称して、僕たちのアパートに男女が集まり天文観測をしていました。

 何せ活動が夜のため、夏はむし暑く冬は丹沢おろしが吹いてとても寒かったことを覚えています。

夏合宿や冬合宿は軽井沢や清里高原に行って夜な夜な空を眺めていました。

 まわりが暗くなると、月明かりでなく星明かりが体感できました、星の明るさでまわりがぼやーっと見えるのです、都会で体験するのはまず無理ですが貴重な体験でした。

 避暑地は高原ですから視界が良く星が180°眺めることが出来るので観測には最適でした。

 今も瞑想をしているときに宇宙のイメージが沸いてくるのはこの時の影響かもしれません。

さて「宇宙」についてお話しをします。
続きを読む >>

人間はどこから来てどこへ行くのか

  • 2008.04.12 Saturday
  • 22:38
なぜ男と女があるのか

なぜ生物は子孫を残すのか

なぜ今ここに生きているのか

人間はどこから来てどこへ行くのか

それがわからない

世の中はバランス 波のごとく

  • 2008.04.12 Saturday
  • 22:29
世の中はバランスである

自然は絶妙なバランスで成り立っている

完全なる静止した平行的バランスではなく

波のように揺れながら

左右に振れながら

前後にふれながら

空と無限をくり返しながら

バランスを取っているのだ

そしてすべてが左右前後に揺れながら完全なるバランスの上に成り立っている

愚者は智者に従う

  • 2007.12.22 Saturday
  • 17:41
司馬遼太郎さんの書かれた国盗り物語・前編は齋藤道三の物語なのですが、この物語の中で「愚者は智者に従う」という下りが出てきます。

つい見のがしてしまいそうな、ほんの数文字なのですが、これには鋭い真実が含まれています。

日頃何気なく生活している私たちですが、その中での関係、会社での関係は上澄みを取るとまさに「愚者は智者に従う」の構造になっています。

例外はあるかも知れませんが、しかしこの言葉は真実なのです。
続きを読む >>

過ぎゆく夏を惜しみながら・・・

  • 2007.09.01 Saturday
  • 23:52
 暑かった夏もそろそろ終わろうとしている、朝から鳴いていたクマゼミの声はいつしか消えてしまい、ツクツクボウシの声に変わった、季節は肌で感じたり目で感じることも多いが、やはり耳で感じるのは風流である。
 毎年ツクツクボウシの声を聞いたり赤とんぼを見ると季節の変化を感じ、過ぎゆく夏を惜しむ思いである。
続きを読む >>

癌の治療を考える

  • 2007.06.16 Saturday
  • 08:44
久しぶりに書き込みをしています

余談ですが
母が癌になり十分な時間が取れなかったのと
そんな気分にはなれなかったためです

癌のことについては、この病気にかかっている人がいかに多いかを知ることができましたし、年々この病気が増え続けているため、少しでも参考になればと思い、母の治療経過などを書いてみたいと思います。

<兆候>
昨年11月頃母が背中が痛いといいだしました。
おそらく肩こりの一種で少し動かせば痛みは取れるだろうと
そんなことを言っていました。
続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 「広島から三上文法を発信して世界平和に寄与する」金谷武洋さん講演に行ってきました
    yoshiwo (08/05)
  • 「広島から三上文法を発信して世界平和に寄与する」金谷武洋さん講演に行ってきました
    さき (08/04)
  • 恒例のjazzコンサートin広島(高田市)
    ヨシヲ (07/02)
  • 恒例のjazzコンサートin広島(高田市)
    ヨシヲ (07/02)
  • 恒例のjazzコンサートin広島(高田市)
    すず (07/02)
  • 恒例のjazzコンサートin広島(高田市)
    はるく (06/24)
  • 「エンデの遺言」-根源からお金を問う-3
    ヨシヲ (06/23)
  • 「エンデの遺言」-根源からお金を問う-3
    はるく (06/18)
  • 「エンデの遺言」-根源からお金を問う-2
    ヨシヲ (06/18)
  • 「エンデの遺言」-根源からお金を問う-2
    はるく (06/10)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM